文章の種類、わかってますか?

中学受験のどの科目においても必要となる国語力を向上させることが、成績全体の向上につながります。中学受験では算数以外、国語についても成績をしっかりあげておくことが重要ですが、まず、文章をしっかり読むことが重要です。

文章には物語と論説があります。小学校の国語で物語を論説として説明する事は少ないかもしれませんが、物語の重要要点をつかむために必要なのが論説です。テストで出題される文章を理解する時、重要な要素となるのが物語文と論説文の読み方の差です。

物語は登場人物がどのように登場しストーリーの中でどう動いていくか、頭の中で描くように理解していくことが必要です。時系列もしっかり頭に置きながら登場人物の動きを理解し、解答していきます。

論説文は文章の中の要点をしっかり押さえ読んでいくことが必要となります。何がかかれているのかを全体的にとらえ、その後、重要な要素が何かを理解していくと物語の要点が見えやすくなります。

こうした文章の読み方の違いを知ると、問題ごとにどういう読み方をしていくべきなのかが理解できるようになります。国語の問題はまず、物語としてとらえる解答と、論説として客観的にとらえる解答があり、それぞれ読み方を変えることで理解しやすくなることを覚えておきましょう。