中学入試の記述問題

中学入試の国語では、記述問題が出題されます。記述問題は問題の意図する事を記述していきますが、こうした記述式問題に弱いお子さんは多いです。問題の意図はわかるけれど、なにをどう書いていけばいいのかわからない、書く内容は決まっているけれど、それをどう表現していけばいいのかわからないというお子さんが多いのです。

記述問題は中学受験の国語でも配点が高いので、ぜひともしっかり解答したい問題です。実はこうした記述問題が嫌い、不得意という事でそのほかの解答を完璧にすれば、空欄で出す事も考えるというお子さんも多いのです。しかし、中学受験を行う多くの学校、特に超難関と呼ばれる中学に関しては、記述問題が主体となっている傾向ですので、記述問題を諦めるのはかなりの国語の点数を落とすことにつながります。

中学受験では国語という科目で自己表現が自由にできるお子さんかどうかを見極めるという学校も多いので、記述については塾や家庭教師に指導をきちんと受け、この問題こそ点数を取れると自信を持てる位になっておくと安心です。記述嫌いとならないためにも、低学年から読書感想文や作文などを多く書かせる等も、中学入試の国語、記述問題に強くなる攻略方法となります。