記述問題の攻略法

中学受験の国語では、最近記述問題が多くなっています。子供たちはどうかというと、逆に記述問題が苦手で空欄で提出してしまうお子さんも多いといいます。超難関校と呼ばれる中学の受験でも国語の入試において記述問題を中心として配点を組んでいますので、中学入試を成功させるためには、記述に強くなっておくことが求められます。

記述問題は配点が高いということ、記述の力が強くなると他の問題にも強くなっていくという事、また記述問題の欄をしっかり自己表現で埋める事ができるようになると、テストに自信がつくという利点があります。記述問題は算数の応用問題同様、各学校で重点として捉えられているため合否に直結する問題ともいえます。

国語で何を見られるのかというと、論理的思考があるかどうかです。そのため、記述に関しても論理的思考で、まず問題の要点に印をつけ自分が思う結果を解答欄の枠外に書いておき、そこに結び付けていくためにどういう事を書けばいいのか、印をつけた要点に沿って考えながら解答欄外に書いていきます。

それを起承転結の文章の基礎に当てはめて解答欄に書いていけば、自分なりの記述になっていきます。こうした記述の訓練を繰り返し行う事、また国語の過去問などを利用して慣れていくことが大切です。