長文を読む力が必要

中学受験でも問題の対策が練りにくいといわれているのが国語です。特に女子校が出題傾向も読みにくいとされていますが、共学校でも男子校でも、最近は超長文と呼ばれる問題が出題されています。長文問題は現代に生きるお子さんたちが最も苦手とする問題ですが、長文問題を攻略していかないと、国語の点数を伸ばせません。

中学受験の国語、長文問題攻略については塾や家庭教師の中でも最も重要な課題とされていることで、対策が練られています。超長文といわれる問題は5,000文字以上の文章を読み、その内容を読解する能力が求められますが、論理的思考で内容を読み解き記述解答をする勉強が必要不可欠となります。

長文問題はしっかり問題の意図をつかむことが求められますが、中学受験で出題される長さの長文になれる必要があるため、国語の勉強も算数同様繰り返し文章を読み、理解する力を養う練習を行いましょう。過去問なども利用しながら、長文で求められる解答を自分の言葉で文章にしていく練習です。

誰が誰にどのような事を考え、筆者がどのような事を感じたのか、順序立てて考える事が必要ですが、結び、つまり結果を先に考えておき、そこから記述を始めていくとやりやすくなります。長文を早く読む、その中で正確に言いたいことをつかむ、という訓練からはじめていくといいでしょう。