国語の試験は正解がない?

中学受験で国語の勉強が難しいといわれる要因に、国語の長文問題などについては正解があってないようなものと考えられているところにあります。読書感想文を書かせると、子供によってその考え方、感じ方に違いがある事がわかります。子供によって感じ取る部分が違い、その違いによって感想も大きく異なるからです。

こうしたことを考えていくと、確かに国語の長文問題などは、正解がないのでは?と思うのも無理はありません。でも、中学受験の国語の試験問題には、正解があります。記述問題についても、解答を同じ意味と考えられる記述には正解となるので、正解がないという事はないのです。

そのため、中学受験の国語に関しては、その問題が意図している要点をつかむ力が重要となります。長文問題の要点をつかみ、なにを解答に求めているのかが読み取れれば、長文問題も記述についても、学校が正解とする解答に結び付ける事ができます。

中学受験の国語などを指導する塾では、こうした正解に導く長文問題攻略の指導を行っています。最近の中学入試では国語において、長文問題を出題する学校が多くなっていることもあり、進学塾ではかなり力を入れているのです。配点の高い長文問題攻略には、長文にこそ解答があり、その問題の意図を理解する力を養うことが大切と理解しておきましょう。