中学受験国語と制限時間

中学受験の国語では、長文問題を出すところが多くなっています。特に超難関校と呼ばれる名門校や公立の中高一貫教育校などでは、長文問題で文章の理解力、読解力を判定するところが多くなり、配点についてもかなり高い配点が付けられているので、国語攻略には長文問題対策が欠かせないといわれています。

長文問題に弱い、点数が取れないという要因に、国語の長文問題の難問と比較して、時間が短いという事が挙げられます。中学入試では長文問題に加えて、制限時間内に漢字の書き取り、読み、熟語、文法など穴埋め式問題も多数出題されます。そこに長文問題が出題されるのですから、時間配分を考えた勉強をしておくことが必要となります。

小学生にとってレベルの高い国語の中学入試問題を時間内に解くというのはかなり難しく、特に超難関校と呼ばれる中学の問題は、時間内に解けないお子さんが多いといいます。訓練をしておくことも重要ですが、わからない問題は後にして、わかるところから解き、時間がなくても最後まであきらめずに解く努力をすることをお子さんにしっかり理解させてください。

空欄で提出するよりも問題を解こうと努力する姿勢が見える方が、同じ点数だった場合、印象が違うはずです。最後まであきらめずに解く努力を惜しまないことを徹底しましょう。